子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > タンパク質の摂取は高タンパク質・低カロリーがキーワード

タンパク質の摂取は高タンパク質・低カロリーがキーワード

脂肪をとり除きながら、タンパク質を摂取するのが、身長を伸ばすには効果的

脂肪に注意してタンパク質を

肉や魚など、タンパク質の多い食品には、脂肪分も多く含まれていることが多いもの。肥満を防ぎながら、背を伸ばすには、「高タンパク質・低カロリー」の食材が最適です。太リやすい子はもちろん、脂っこいものを食べるとすぐ満腹になってしまう小食の子も、脂肪のとリ過ぎを避けることが、改善に役立ちます。

食材選びがポイントに

では、どうすれば脂肪のとリ過ぎを避けることができるのでしょうか。それには、食材選びにちょっとしたコツがあります。

まず肉類。肉の種類によって、含まれる脂肪の量が違います。高級なものがよいとも限りません。たとえば高級な霜降り牛肉は、脂肪が多く、タンパク質は少ないのです。

ハンバーグは、とくに注意したいメニュー。カロリーが高く、5歳児ではたった1個で、1日に必要なカロリーの4分の1を摂取してしまいます。牛肉や豚肉は、もも肉かヒレ肉がよいでしょう。煮豚、ゆで豚はおすすめ料理。調理法が簡単で、冷凍して保存できるのも便利です。鶏肉は、ささみがもっともヘルシー。もも肉や胸肉は皮をとれば脂肪が半減します。

魚は、肉と比べて高タンパク質・低カロリーのものが多い食材。しかし、これも種類によって異なります。タラやマクロの赤身は、非常に高タンパクで低カロリー。反対に、ブリやサバはタンパク質が少ない高カロリーな魚です。

「畑の肉」ともいわれる豆類は、ヘルシーなタンパク源。背を仲ばすのにとてもよい食品です。

調理法でのカロリー減も大切

カロリーをカットするには、脂肪分を落とす調理法を選ぶこともポイントです。基本的に、脂身はカット。揚げる・炒める料理を減らし、ゆでる一蒸す・網焼きで油を落とすといった料理を増やしましょう。

また、肉類中心の食事では動物性脂肪のとり過ぎになりがち。納豆や豆腐などの大豆製品からもタンパク質をとるようにするとよいでしょう。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。