子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 亜鉛・マグネシウムも身長を伸ばす大切な栄養素

亜鉛・マグネシウムも身長を伸ばす大切な栄養素

亜鉛は成長ホルモンの分泌、マグネシウムは骨の成長に影響を与える

さまざまな食品でミネラル補給

タンパク質やカルシウムも大切ですが、背を伸ばすために必要な栄養素はそれだけではありません。最近では、亜鉛やマグネシウムの重要性も注目されています。これらは少しの量ですが、なくてはならないミネラル。まずは、それ
ぞれのミネラルをきちんととリ入れるように意識することが大切です。

亜鉛不足は食欲不振の原因にも

亜鉛は、体内の酵素の働きを助け、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

ある国で、背が高い人と低い人での、体内の亜鉛の量を調べました。その結果、背の高い人のほうが体内の亜鉛の量が多いことがわかりました。

また亜鉛不足は、食品の味に鈍くなる、味覚障害につながるともいわれています。これは、食欲不振の原因にもなってしまいます。

亜鉛の1日の所要量は、アメリカでは15mg。日本でも亜鉛の所要量が策定されていて、1~14歳では5~8mg、15~17歳では9~10mgと設定されています。

骨に直接影響するマグネシウム

もうひとつ、不足しがちなミネラルがマグネシウム。マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を調節します。大切なのは、カルシウムとのバランスです。カルシウムとマグネシウムの理想バランスは、2対1です。

カルシウムだけを大量にとっていると、余分なカルシウムは体外に排出されます。その際にマグネシウムも一緒に排出されてしまいます。排出によって不足してしまったマグネシウムは、不足を補うために骨から血液中に溶け出します
が、そのときカルシウムも一緒に、骨から溶け出してしまいます。つまり、カルシウムだけをとると、かえって骨のカルシウムが減ってしまう、奇異な現象がおこっているのです。

マグネシウムは、木綿豆腐や納豆、大豆、枝豆、干しひしき、カツオ、ホウレンソウなどに豊富に含まれています。これらを摂取することで、カルシウムの排出を防ぐことができます。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。