子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 太らずに身長を伸ばすにはどうすればいいの?

太らずに身長を伸ばすにはどうすればいいの?

肥満になると、身長が伸びにくくなる。肥満を改善する方法を紹介

肥満は背の伸びが止まりやすい

「うちの子はよく食べるけど、横にばかりいって、たてに伸びないのよね・:」という人、いませんか? じつは、それは事実なのです。

肥満児の場合、栄養状態がとてもよいので、小学校低学年くらいまでは、比較的身長が高い子が多いようです。でも、次第に背の伸びが悪くなってしまうことが多いのです。

肥満になると、背を伸ばすのに重要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。また、肥満によって、早く思春期を迎えやすくなり、それだけ身長の伸びも早く止まりやすいのです。その結果、最終的には平均以下になってしまうことがよくあります。

肥満の解消をはかる5つの方法

肥満の解消には、毎日の食生活がとくに大切です。もし、肥満だったり、肥満の傾向がある場合は、次の5つのことをすぐに実行しましょう。

体重のグラフをつける

毎日体重を計り、グラフにします。表はNG。グラフで視覚に訴えることが大切です。体重を意識させるために、1日2回以上測定してもいいでしょう。

よくかんで食べること

ひと口につき20回以上はかんで食べましょう。

食後の片づけを手伝わせる

食べた後に、ゴロゴロさせてはいけません。食器洗いなど、片づけの手伝いをさせましよう。

ジュース、清涼飲料水の禁止

ジュース類には砂糖がたくさん入っています。果汁100%ならヘルシーと思ったら、大間違い。果糖のとリ過ぎも危険です。牛乳は低脂肪を選び、1日500mgまでにしましよう。

シャンクフードの食べ過ぎに要注意

ジャンクフードとは、スナック菓子、ファーストフード、インスタント食品のこと。ジャンクにはゴミ、安物という意味もあり、大切なお子さんには、極力食べさせたくないもの。カロリーが高く、カップめんはご飯の3杯分、ポテトチップスはご飯0.9杯分にも相当します。

主食以外の不要な食べ物はやめて、太リやすい食品は最小限にすることが大切です。

また、親の根気も必要です。食事面だけでなく、運動のため外で遊ばせるようにしたり、睡眠時間を十分にとるなど、生活全体のリズムを見直して、肥満にならないようにしたいものです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。