子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 子どもの発育にとって、添加物を多く含む食品は要注意

子どもの発育にとって、添加物を多く含む食品は要注意

食品添加物は、カルシウムなどの必要なミネラルを、体外に出してしまう

添加物を多く含む加工食品

ハム、ソーセージなどの加工食品や市販のハンバーグ、缶ジユースや清涼飲料水……子どもが好み、親にとっても便利な食品です。でもこれらの加工食品は、食品添加物を多く含んでいます。

これらの加工食品に含まれる添加物の一部(リン酸塩、フィチン酸など)は、体内や食品中のカルシウムや亜鉛、マグネシウムを体外に追い出してしまいます。たとえ子どもの発育には有害でも、発ガン性さえなければ堂々とまかリ通つているのが食品添加物の現状です。

これらは、子どもが大好きな食品に多く含まれているので、注意が必要です。

添加物はこんな方法でとり除く

では、リン酸塩などの添加物から子どもを守るには、どうしたらいいのでしょうか。もちろん手作りにするのが一番ですが、少しの手間で、添加物をある程度とリ除くことができます。基本的には、熱湯などでゆでこぼすことです。

カッフめん
カップに熱湯を注いで、約1分おきます。そのお湯を捨てて、両度熱湯を入れましよう。
袋入りラーメン
めんをゆでたらザルにとり、お湯を切ります。別につくつたスープに、そのめんを入れて食べましよう。
ゆでて袋に詰められているうどん
スーパーなどで売られているうどんの中には、歯ごたえをよくするためにリン酸塩を使つているものもあります。ゆでこぼしてから使いましよう。
ハム
お湯に、約15秒つけます。
かまぼこ
薄く切り、しやぶしやぶのようにお湯にさっとくぐらせます。
市販のそうざい
利用するときは、わかめやホウレンソウなどの具がたっぷり入ったみそ汁を添えましょう。

カルシウムや食物繊維などが、塩分やリン酸塩の影響を防いでくれます。

環境ホルモンにも、少し配慮を

さらに注意したいのが、環境ホルモン。体内のホルモンバランスを崩し、男性の生殖能力を弱め、女児の性成熟を早めるのではと心配されています。

神経質になる必要はありませんが、購入時や調理時には、次の5点に気をつけましょう。

  1. なるべく産地や生産者がわかる食材を選ぶ
  2. 葉野菜はよく洗ってから食べる
  3. 輸入時の農薬散布がない、国産を選ぶ
  4. 魚は遠洋もののほうが比較的安心
  5. 汚染物質を含んでしまう肉の脂身は除く





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。