子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 身長を伸ばすために一日に必要なタンパク質の量は?

身長を伸ばすために一日に必要なタンパク質の量は?

小学生から思春期の子どもは、おとなと同じか、それ以上のタンパク質が必要

背を伸ばす栄養素はタンパク質

栄養は、さまざまな食品から摂取することが大切です。そして背を伸ばすために、もっとも重要な栄養素は、タンパク質です。背を伸ばすということは、骨を伸ばすこと。タンパク質は、骨や筋肉の材料となって骨を大きくし、成長ホルモンの分泌を促す作用ももっています。

それに対してカルシウムは、骨を丈夫にするという役割を果たします。タンパク質もカルシウムも、どちらも成長には不可欠です。ただ「背を伸ばす栄養素は?」と考えたとき、第一にはタンパク質だといえるのです。

子どもはおとな以上に必要です

では、どのくらいのタンパク質をとればいいのでしょうか。成人が60~80gなのに対して、小学生は55~75g、思春期では75~90g必要です。つまり子どもは、からだが小さいわりに、多くのタンパク質を必要としているのです。

タンパク質の不足している子が、十分なタンパク質をとるようにすれば、背の伸びはよくなります。だからといって大量にとりすぎると、肥満や、体外へのカルシウム排出量が増える原因にもなってしまいます。必要以上にとることはなく、適量を意識することが大切です。

上手にとるカギは朝食にあり!

現状では、十分なタンパク質のとれていない子どもが多いようです。そこで、上手にタンパク質を摂取するコツを紹介しましよう。

まず、タンパク質の豊富な食品を意識すること。同時に脂肪分も配応することが大切です。肉類、魚類、卵、豆類、乳製品などが、タンパク質が豊富な食品です。肉や魚が嫌いな子は、卵や牛乳、豆類などでタンパク質をとるようにすれば、問題はありません。もっとも大切なのは、朝食です。最近は、朝食は簡単に、あるいは食べない人も増えています。これでは、必要な栄養素は摂取できません。

たとえばパン食なら、パンだけでなく、ゆで卵と牛乳1杯をプラスするだけで、タンパク質は129もアップします。さらに、ハムやツナをのせたトーストにすれば、かなりのタンパク質が追加されます。このように、ちょつとの手間でタンパク質摂取量はアップできるのです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。