子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 身長を伸ばすために上手に栄養をとるコツ

身長を伸ばすために上手に栄養をとるコツ

フリージンクを利用するなど、負担を増やさず栄養をとるポイントを紹介

親も子も、楽しく食べよう

これまで、背を伸ばすために必要な栄養や食品について、いろいろと紹介してきました。「じゃあ、いつたいどうすればいいの?」「そんなに配慮することはとても無理」と思う方もいるでしょう。ここでは、栄養を上手にとるコツやポイントを紹介しましょう。

知識も大切ですが、単に栄養を与えればいいわけでもありません。子どもには、食べる楽しみも必要。楽しんで食べたときと、ストレスを感じながら食べたときでは、栄養の吸収力が違うのです。

親が食事の準備に負担を感じてしまっては、子どもも楽しむことができません。ポイントを押さえて、上手に手抜きをすればいいのです。

栄養を上手にとるコツ

①フリージンクを活用して、負担を減らす

料理は一度に倍量をつくっても、さほど手間は変わらないものです。そこで、つくりおきをしましょう。1回分ずつ小分けして冷凍保存すれば、使うときに便利です。たとえば、サイコロステーキやゆで豚、ハンバーグ、肉だんご、鶏の唐揚げ、魚の南蛮漬け、鮭そぼろなどがおすすめです。

②4回食でもOK おやつを食事感覚で

小食の子や幼児の場合、食事は1日4回と考えましょう。園や学校から帰った午後3時から4時ごろは、1番お腹がすく時間帯。消化もよく、おいしく食べられます。おやつ感覚で、バナナや枝豆、チーズなどを与えてもいいでしょう。

③和食のメニューを増やす

洋食中心では、動物性脂肪をとリ過ぎる傾向にあります。たとえば豆腐はタンパク質やカルシウム、ミネラルが豊冨で、海藻類はヘルシーなミネラル源。和食メニューを増やしましよう。

④朝と昼もしっかり食べる

夕食はきちんと食べても、朝や昼は手を抜いてしまう人も多いようです。前の日に材料を多めに切る、翌日の分も多めに作つておくなど、手間を省いてしつかリ食べる工夫も大切です。

⑤休日の食事で差がつく

休日はつい手を抜きがち。週に1~2日でも栄養が不足すると、いずれ影響が出てきます。子どもに手伝わせて食事の準備をしましよう。

⑥外食も賢くメニューを選ぶ

外食するときは、高タンパク質・低カロリーのメニューを選ぶようにしましよう。たとえばスパゲッティのカルボナーラを、魚介類のトマトソースに変えると、タンパク質は4.8gのアップ、脂質は14.7gもダウンできるのです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。