子供の身長を伸ばす > 栄養と食事 > 身長を高くする高タンパク質・低カロリーの食材別ランキング

身長を高くする高タンパク質・低カロリーの食材別ランキング

医師がおすすめする食材を、ランキングで紹介

魚編

1位 マグロ

マクロの赤身は高タンパク質・低カロリー。タンパク質の含有量は魚ではトップです。ヒスチジンやアンセリンなどのアミノ酸、健康に有用なEPAやDHAがたくさん含まれています。

2位 タラ

味は淡白ですが、タラの肉は脂肪がきわめて低く、タンパク質を多く含んでいます。「タラちリ」などの加熱調理品にすると、チオプロリンというアミノ酸ができ、発ガン性物質の生成を抑制する働きがあることがわかつています。タラは、長期間冷凍保存するとスポンジ状になり、味も落ちてしまうので要注意。

3位 カツオ(春獲り)

カツオには、春獲りと秋獲リの2種類があります。春獲リのもののほうが、脂肪が少なくてタンパク質を多く含みます。カツオの血合い肉は、ビタミンA、B1、B2、B12や鉄分のほか、EPAやDHAなども多く含んでいます。

肉編

1位 鶏ささみ

むね肉で手羽の内側にあり、形がササの葉に似ているので、この名がついています。牛・豚肉のヒレに相当する部分で脂肪が少なく、タンパク質も多く含んでいます。筋肉モリモリのスポーツ選手にもおすすめできる、ナンバーワンの食材といえるでしょう。

2位 鶏むね肉(皮なし)

スーパーでよく見かける鶏むね肉は、皮をきれいにはがして食べるのが原則です。余分な脂を省くことで、肉類ではささみに次ぐ、高タンパク質低カロリーの食材であるといえます。また、ささみと同様に鶏むね肉には、メチオニンとよばれる必須アミノ酸を、バランスよく含んでいます。牛や豚の脂質に比べて、不飽和脂肪
酸の割合が高いので、コレステロールなどの心配が少ないことも特徴のひとつです。

3位 豚ヒレ肉

堂々の3位にランキングされたのが、豚ヒレ肉。ビタミンB群が豊富で、なかでもビタミンBはトップクラス。タンパク質を多く含み、脂肪がほとんどありません。

番外編~常備品~

1位 のり

のりには鉄分をはしめ、マグネシウムやビタミンA、B、C、Eが多く含まれています。ビタミンA、C、Eには強い抗酸化作用があります。これらは、子どもを感染症から守り、からだに抵抗力をつけてくれます。

2位 桜エビ

タンパク質とカルシウムを豊富に含みます。その量は、大さじ3~4杯で、牛乳1杯とほぼ同等になります。独特の香りがあるので、風味を引き立てたいときには、ぜひ使いましよう。

3位 しらす干し

カルシウム、鉄、ビタミンB2、D、マグネシウムが豊富に含まれています。丸ごと食べられるので、成魚のイワシよりも栄養価が高いといえます。骨や歯の成分となるのはカルシウムですが、しらすに多く含まれるビタミンDやマグネシウムが、その吸収を助けます。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。