子供の身長を伸ばす > 生活習慣 > 夜尿があっても夜中に起こしてはいけない

夜尿があっても夜中に起こしてはいけない

睡眠は妨げないこと。熟睡は、身長の伸びや夜尿症の改善にも役立つ

成長ホルモンの分泌を妨げる夜尿

よく、夜尿(おねしょ)をしてしまう子もいると思います。「布団をぬらしたくない」「子どもの自尊心を傷つけたくない」と、夜中に子どもを起こして、トイレにつれていってはいませんか。

気持ちはわかりますが、たとえ夜尿があっても、夜中に起こさないほうがよいのです。これは、「背を伸ばす」ことはもちろん、「夜尿を改善する」ことにも関係しています。

夜中に起こされている子は、背が伸び悩むという例が数多くあります。これは、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうからです。

成長ホルモンは、深い眠りに入ってから、たくさん分泌されます。そのころに子どもを起こしてしまうと、せっかく高まっている成長ホルモンの分泌を、低下させてしまいます。自分で起きるのは構いませんが、できるだけ睡眠を妨げないことが大切なのです。

熟睡は夜尿症の改善にも大切

また、寝ているときに起こすと、成長ホルモンだけでなく、「抗利尿ホルモン」の分泌も悪くなります。この「抗利尿ホルモン」には、尿の量を減らす作用があると同時に、成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。つまり、夜中に起こすと、「抗利尿ホルモン」が少なくなり、よけいに夜尿をしやすくなるという悪循環にもなりかねないのです。

夜尿改善のためにできること

でも、なんとか夜尿も防ぎたいもの。そのためにはまず、夕方以降の水分を控えましよう。夜の尿意をおさえる抗利尿ホルモンは、からだに水分が十分にあると、あまり分泌されません。夜間の水分のとりすぎは、分泌を悪くします。

コツは、朝は水分をしっかりとり、水分の補給を1日の前半にすること。寝る前の6時間ほどは水分を控えます。つまり、日中は水分を十分にとって体内を湿った状態に、夜間はドライな状態にするという、リズムが大切なのです。

朝、昼は普通にすごし、夕方4時ごろからは水分を控えはじめます。夕食は早めにし、汁物はやめてお茶も1‐杯まで。風呂あがりにのどが渇いたら、氷1個でのとをうるおしましょう。

これで、夜尿が治ることもあります。改善されない場合は、主治医の先生に相談しましょう。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。