子供の身長を伸ばす > 生活習慣 > 夜食はやめて朝食をしつかりとること

夜食はやめて朝食をしつかりとること

夜食を食べると、睡眠中の成長ホルモンの分泌が悪くなる

夜食は成長に悪影響を与えます

夜遅くまで起きていると、ついつい食べてしまう夜食。最近は、夜更かしの子ともが増え、夜食が習慣になっている子も多いようです。

子どもの成長には欠かせない、成長ホルモン。じつは、寝る前に夜食を食べると、睡眠中の成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。そのため夜食は、背の仲びに悪影響を与える可能性があるといえます。

そのポイントとなるのが、血糖値です。血糖値とは、血液中の糖分の濃度のこと。成長ホルモンが十分に分泌されるには、血糖値がある程度下かつている必要があります。夜食や甘いものを食べると、血糖値が上昇し、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。夜食を食べた日と、食べずに寝た日の成長ホルモン分泌量は、明らかに差があることがわかります。

夜食をとりたいときのコツは

成長ホルモンを十分に分泌させるためには、就寝する2時間前には食事を終わらせること。甘いものやジュースなども控えましよう。

でも、長く続いた習慣なら、「お腹が空いて眠れない」ということもあるでしょう。そんなときは、糖分よりもタンパク質の多い夜食にしましょう。たとえば、卵やチーズ、豆類、牛乳など、血糖値が上がりにくい食事を選ぶことが大切です。

夜食より朝食のほうが大切です

もうひとつポイントとなるのは、食事のしかた。おとなの食事は、朝食と昼食は軽く、夕食に重点をおいていますが、子どもは、朝・昼・夕と同等くらいの配分にしたほうがよいといわれています。子どもは、からだが小さいわりに、多くのエネルギーや栄養素を必要としています。朝・昼・夕の3回だけでは摂取しきれず、間食や夜食も、タンパク質やカルシウムをしっかり与えることで、ようやく摂取できるのです。朝食を軽くすませたり、食べずにいると、必要な
栄養素を摂取しにくくなってしまいます。

夜食を食べて寝ると、朝は食べる気がしないかもしれません。それなら、夜食をとらず十分な睡眠をとり、お腹が空いた朝に食事をしたほうが、健康にはずっとよいのです。夜型から朝型へのリズムが大切。子どもだけでも、そうし
た生活リズムヘと変えるようにしてみましょう。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。