子供の身長を伸ばす > 生活習慣 > 子どもにとって理想的な睡眠時間はどのくらい?

子どもにとって理想的な睡眠時間はどのくらい?

基本は10時間前後。思春期までの睡眠時間やその質が、もつとも大切

十分な睡眠が成長を助けます

睡眠は、「成長ホルモンの分泌を促進」させ、「骨を休める」という役割を果たす、大切なもの。では、どのくらい寝ればよいのでしようか。

個人差があるので一概には言えませんが、身長増加のために、「このくらい寝るのが理想」という目安としての睡眠時間があります。子どもの様子をみて、その子のリズムも大切にしながら、睡眠時間を保つようにしましよう。

また、睡眠は長ければよい、というものではありません。いくら10時間以上寝ていても、途中で何度も目が覚めたり、眠りが浅いような睡眠はよくありません。リラックスして、ぐっすりと眠れる環境が大切です。そのためには、寝る前に子どもをしからないこと。明かりを消して部屋を暗くし、自然な眠気を誘いましよう。

年代別の理想の睡眠時間

未就学の幼児では、10時間以上の睡眠がほしいもの。朝は起こさなくても自分で起きるのが理想です。この時期に「早寝早起き」、「朝ごはんを食べる」という、よい習慣を身につけさせましよう。また、昼寝は2時間くらいまでがよいとされています。 小学校低学年は、思春期の前段階。10時間前後の睡眠が理想です。この時期の睡眠はとくに大切で、成長ホルモンの分泌に正比例して、背が伸びていきます。しつかり寝て、十分に成長ホルモンが分泌されるようにしましよう。

小学校高学年から中学生くらいの思春期は、もっとも背が伸びる時期です。9時間半程度の睡眠が必要でしょう。この時期から分泌される性ホルモンも背を伸ばしてくれるので、少々の寝不足でも意外に背は伸びます。ですが、一生のうちでもっとも多くの成長ホルモンが分泌されるとき。極端な睡眠不足は、急激に背を伸ばすせっかくのチャンスを邪魔することにもなります。心身ともに劇的に変化する思春期は、十分に体を休めることも大切です。思春期の終わり(女子の初潮、男子の声変わり)ごろなら、8時間程度で十分です。

高校生以上ともなれば、7~8時間半くらいでしょう。すっきりと目覚めるなら、もっと短くてもかまいません。おとなでもよく寝ると、成長ホルモンが多くでます。おとなにとっての成長ホルモンは、骨のメンテナンスや、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。また脂肪を溶かす効果もあり、美容や健康面においても、睡眠は大切なのです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。