子供の身長を伸ばす > 生活習慣 > 肥満の原因は、睡眠・運動不足と栄養のかたより

肥満の原因は、睡眠・運動不足と栄養のかたより

運動、睡眠で分泌の高まる成長ホルモンには、脂肪を溶かす作用もある

運動で太りにくい体質づくりを

子どもの身長を伸ばすために必要なのは、適度な「運動」、そして十分な「睡眠」とかたよりのない「栄養」です。身長を伸ばすには、健康管理がもつとも大切だといえます。健康であるからこそ、運動ができ、食欲がわき、熟睡がで
きるのです。

日々の生活習慣のなかでも、とくに気をつけたいのは、肥満です。肥満になると成長ホルモンの分泌が低下します。また、肥満すると早熟傾向となり、早くおとなの体になります。結果的に背の伸びる期間が短くなってしまいます。

肥満を解消するには、やはり運動です。運動によって脂肪が燃焼されることは、よく知られています。さらに、運動によって分泌が高まる成長ホルモンは、脂肪を溶かす役割も果たしています。

運動をすることで、よい睡眠を誘い、成長ホルモンを分泌させて脂肪を溶かす。このリズムが、太りにくい体質へと変えてくれます。成長ホルモンは、減量にも大切なものなのです。逆に、肥満が原因で運動嫌いになり、ゲームばかりして夜遅くまで起きていたりすると、成長ホルモンの分泌が妨げられ、さらに脂肪がつきやすいからだになってしまう、ともいえます。

よりよい「成長ホルモンの分泌」のために、食事だけでなく、運動や睡眠を意識することも、肥満解消には大切なのです。

運動で生活リズムも改善できる

 運動をすることによって、食欲が増し、なんでもおいしく食べやすい状態になります。また、心地よい疲労感を誘い、熟睡へと導きやすくなります。さらに、運動による刺激が骨の成長を促し、成長ホルモンの分泌を促します。

あまり食べてくれない、なかなか寝てくれないなど、子どもの健康管理が思うようにいかないときは、まず「運動させる」「外でからだを動かして遊ばせる」ことからはじめてみるのは、いかがでしょう。

「寝つきが悪い」「食べない」といった子どもでも、「外で思いっきりからだを動かす」程度の運動(遊び)自体をいやがる子は少ないでしょう。生活改善のために、すぐに実行しやすいのが、運動や外遊びであるともいえるのです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。