子供の身長を伸ばす > 生活習慣 > 身長を伸ばすためのよい運動、悪い運動とは

身長を伸ばすためのよい運動、悪い運動とは

無理のない、適度な運動を。外で思う存分遊ばせることも、大切な運動

よいのは適度な刺激のある運動

背の高い選手が多いことから、バレーボールやバスケットボールなどが、背を伸ばすにはよいスポーツと思いがちです。はたして、ほんとうにそうなのでしようか?

背を伸ばすのに適しているのは、食欲を増進させ、熟睡をもたらし、骨にある程度の刺激を与える運動です。骨の発育には、骨へ縦方向の圧力がかかる運動が適しているといわれています。たとえば、ジョギング、なわとび、ダンス、
バスケットボール、バレーボールなどです。

ただし、無理やりさせるのは禁物。背を伸ばすには、情緒の安定がもっとも大切です。一番いいのは、お子さんに好きな運動を選ばせてあげること。極端にいえば、特別なスポーツでなくてもいいのです。おにごっこやゴムとび、ドッジボールなど、遊びのなかでも十分な運動となるものは、たくさんあります。外で元気に遊ぶことが、何よりなのです。

バレーボールやバスケットボールの選手には、もともと背の高い子が多いだけのこと。好きでもないのに無理にさせるのでは、逆効果となってしまいます。

無理な激しい運動は、逆効果

では逆に、からだの負担となり、成長を妨げてしまうような運動は、なんでしょうか。それは消耗の激しい、過度な運動。行なっている子は少ないでしょうが、重量あげなどが、それに当たります。骨への圧力が大きいものは、骨が伸びにくくなってしまうのです。 また、長距離走など消耗の激しい運動も背の伸びには悪影響かあります。

子どものためと、シゴクこともよくありません。運動のしすぎで疲れ、ろくに食べずに寝てしまうのでは、背が伸びないばかりか、健康を害してしまいます。激しいスポーツやシゴキに耐えられるのは、からだができて、背の伸びが止まり始める、高校生くらいからです。

外でたくさん遊ぶ習慣が大切

背が伸びても、体力や運動能力がなくては、健全なからだとはいえません。運動することで、体力も運動能力も向上します。また運動そのものが成長ホルモンの分泌を促し、睡眠中の成長ホルモンの分泌は、運動をしない日よりも高まります。そして、友だちや家族と一緒に運動を楽しむことで、情緒も安定し、健全な成長へと導くことができるともいぇるのです。

平日は子どもたち同士、思いっきり外で遊ばせて、休日には家族でハイキングなどを楽しむ、こうした習慣が、大切なのです。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。