子供の身長を伸ばす > 身長について > 「寝る子は育つ」は正しいことわざ。睡眠は、身長の伸びに影響します

「寝る子は育つ」は正しいことわざ。睡眠は、身長の伸びに影響します

睡眠は「成長ホルモン」の分泌を高め、骨を休める役割も果たす

寝ている間に背が伸びるとも いえるほど、睡眠は大切です

「寝る子は育つ」ということわざがあります。これは、科学的にも正しい事実です。

子どもの成長にとって、非常に大切な「成長ホルモン」は、昼間起きているときより、夜寝ているときのほうが多く分泌されます。睡眠初期の深い眠りの時期に分泌が多く、血液中の成長ホルモン濃度はピークに達します。

もし、途中で睡眠を妨げられたり、睡眠時間が短いと、成長ホルモンの分泌が悪くなり、背の伸びも悪くなる可能性があるのです。

さらに睡眠は、「骨休め」としても大切です。昼間は、上半身の体重がズツシリと下半身の骨にかかっています。横になって寝ることで、縦方向の重力から解放し、骨を休めることになるのです。成長ホルモンの分泌も、立っているとき
より横になっているときのほうが高くなります。

「背は、寝ている問に伸びる」といっても、言い過ぎではありません。

世界一睡眠不足な日本の子ども

では、日本の子どもたちは、どのくらい寝ているのでしようか。小学校高学年の睡眠時間の調査結果では、8時間未満が31%もいました。10時間以上寝ている子は、わずか4%です。これに対し、世界の子どもは9時間以上が半数を
超えています。とくにフランス、イギリスでは半数以上が、10時間以上寝ています。日本の子どもたちは、世界一睡眠不足なのです。

その原因として、日本は夜型の遊びが多いこともあげられます。TVやゲームをやめられず、勉強の時間も遅くなり、結果的に寝る時間が減ってしまっています。また、寝ることを軽視してしまうような日本の生活文化も、その背景に
はあるのかもしれません。

熟睡できる環境も大切

もうひとつ注意したいのは、寝る前の子どもへの接し方です。怒られて興奮したり、光の刺激などがあると、熟睡できないものです。寝るときは部屋を暗くして、ゆったりと寝られるように工夫することも大切です。また、寝付きが
悪い子や、睡眠が浅い子は、運動量を見直してみましょう。昼間の適度な運動は、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌量も増やしてくれます。

これを機に、ベッドや布団、パジャマに気配りする、生活リズムを見直すなど、少し「寝る環境」や[睡眠時間]について考えてみてはいかがでしょうか。子どもの成長を促すには、快適な睡眠が、もっとも大切なのですから。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。