子供の身長を伸ばす > 身長について > ぶら下がり運動をしても身長は伸びません

ぶら下がり運動をしても身長は伸びません

軟骨を含んだ軟部組織が伸びただけ。ほんとうに身長が伸びたわけではない

背が伸びたように思えるわけは

ひとむかし前に、「ぶら下がり器具によって背が伸びる!?」と話題になったことがあります。今でも、この説を信じて実行している人もいるようです。また、背中や首を伸ばすヨガによって背が伸びる、と考えている人もいます。

結論をいえば、ぶら下がったり、ヨガをしても背は伸びません。

でも、実際に「ぶら下がったあとは、背が1~2㎝伸びた気がする」という人もいるでしょう。それは、背が伸びだのではなく、骨と骨の問にある「軟部組織」が膨張したために出た結果にすぎないのです。

背骨には、骨と骨の間に軟骨を含んだ軟部組織があります。この一つひとつは、伸びたり縮んだりしています。朝、昼、夜とぶら下かっていると、この部分の縮むひまがなくなり、背が高くなったように思えるのです。ほんとうの意味で、背が伸びたわけではありません。

また人の背は、朝は高く、夜は低くなる傾向かあり、1~2㎝ほど違います。これも軟部組織のしわさ。寝ている間に軟部組織が伸び、昼に動いていると軟部組織が縮むので、夜は朝よリも背が低く計測されるというわけです。

生活リズムを改善し成長を促すのは、適度な運動

背を伸ばすなら、「からだを思いっきリ動かす」ほうが、よっぽど有効です。

適度な運動は、子どもの身長の増加には欠かせない、大切なもの。運動自体が、成長ホルモンの分泌を促し、熟睡を誘い、睡眠中の成長ホルモン分泌をも促します。さらに、運動の適度な刺激が骨を強くし、食欲も促進します。

運動不足になると、食欲が出にくく、寝付きが悪くなることもあります。その結果、朝起きられず、朝食をとらなくなる。それがからだや頭の働きを鈍くし、また運動不足の一日をすごす、という悪循環におちいることもあります。

運動をすると、食欲が増し、熟睡できて、朝もスッキリと目覚める。朝食をしっかりと食べることができ、よい形で一日をスタートできます。運動ひとって、こんなにも日常生活に差が生じることもあるのです。

運動といっても、何も特別なスポーツをする必要はありません。「鬼ごっこ」や「キャッチボール」など、外でのびのびと、からだを動かす遊びで十分なのです。

平日はもちろん、休日など時間かおるときは、外で遊ぶ習慣をつけてみてはいかがでしょう。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。