子供の身長を伸ばす > 身長の疑問 > 成長ホルモン治療はどのような場合に効くのですか?

成長ホルモン治療はどのような場合に効くのですか?

成長ホルモンの投与は、成長ホルモンの分泌が正常な場合には、治療効果は期待できません。成長ホルモンが不足しているお子さんのみに有効です。

検査の結果、「成長ホルモンの分泌が低い」と診断されてはしめて、治療が可能となります。たとえば「検査では正常といわれたけれど、成長ホルモンの注射で身長を伸ばしてほしい」といっても、治療を始めることはできないのです。

また検査の結果、成長ホルモンの分泌が正常でも、成長ホルモンの投与が有効な病気の場合には、治療を受けることができます。有効なのは、以下の①~⑤の病気の場合です。ポイントもまとめましたので、参考にしてくたさい。

これらの病気以外でも、背が伸び悩むことがあります。本人や親にとっては、とても深刻な問題です。そうした人々に応えるため、さらに治療の幅や適用が広がるように現在、検討も行なわれています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

この病気は、早期発見、早期治療が大切。背が低くて2~3歳幼く見えること以外は、他のお子さんとの差がないため、診断が遅れるケースが多いのです。軽症では、小学校3~4年生での治療開始で平均身長に達することもありますが、重症の場合はもっと早く治療を開始すべきです。

ターナー症候群

この病気は骨が固まるのが遅く、子どもの骨である期間が長いのが特徴。辛抱強く治療を続けると、かなりの効果を期待できます。

軟骨異栄養症

骨の病気ですが、成長ホルモンの投与もある程度は有効なので、治療を試みる場合もあります。

ブラダー・ウィリー症候群

低身長、肥満、知的障害等がみられる病気です。この病気では成長ホルモンは肥満の改善にも役立ちます。

慢性腎不全

うまく尿がつくられなくなる、腎臓の病気です。





お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
モンドセレクション最高金賞受賞で話題! お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】 ヨーグルト味の栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD)です。
初回【71%OFF!】 成長期サプリ「ノビルン」
実は、身長は遺伝じゃない?! 牛乳嫌い、小食、偏食のお子様に、栄養補助食品「ノビルン」  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ >>ママも安心【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】
偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんへ
うちの子、栄養とれてるのかしら? 偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんに朗報! 成長ホルモンへ!最適なZAPバランス!  吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合!
成長期応援サプリメントはDr.Senobiru!
低身長検査が低くて悩んでいる方へ。実際飲用した方の97%が 満足と回答した飲むだけでぐんぐんと。その秘密とは? お子様の低身長症でお悩みなら! 愛されて1万袋突破のバカ売れ成長サプリ。