他社と差別化を実現するベンチャーネットブログ:16/10/05

8-09

去年の3月にお母さんと電話で話していて、
ちょっとしたことで久しぶりに衝突しました。

やっちゃった感はありましたが、
そのおかげで学んだこともいろいろあったので、
まぁいいかと思っていました。

おれはそのケンカを引きずる気分はなかったし、
母もしばらくしたら忘れるだろう…ぐらいの感覚だったのです。

だって、かつて母は何度となくヒステリーを起こし、
娘のおれはけっこうつらかったのです。

今回は俺が言い過ぎたところはあったけど、
今までのことと合わせて考えれば、「チャラよ、チャラ」
母親だってそう考えてくれるだろう…と思っていました。

そして5月の連休に帰省して
お母さんと会ったのですが…

僕の予想に反して、
母親が3月の言い合いのことを
かなり根に持っていることがわかりました。

「もう電話であんたとは話したくない、用がある時はファックスを送れ」
と言われてしまったのです。

でも、そういうことを言いながらも、
一緒に過ごしたみっか間、
ママの態度はいつもどおりだったので、
あたくしは楽観的でした。

気にせず電話すればお母さんが出るだろうし、
何度か話しているうちにお母さんのわだかまりも消えていくだろう…と。

ところが、その後、
たまに電話をかけても、お母さんは一切出ないのです。
電話口に出るのは親父です。
今まではいつもお母さんが出ていたのに…

えー、そんなに怒らなくてもいいじゃない、
はっきり言ってお互い様じゃないの…と思いながらも、
段々と、そっちがそうならこっちだって…の気分になってくるのが人間です。

だって、もとはと言えばお母さんが、
何かというと姉貴を優先するから腹が立つんじゃない、
3月のケンカだって、それが元になってるんじゃない、
お母さんのバカ!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る