Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/info0101/www/michaelkorsoutletonlinestore.com/index.php:1) in /home/info0101/www/michaelkorsoutletonlinestore.com/wp/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
子供の身長を伸ばす http://michaelkorsoutletonlinestore.com Fri, 18 Aug 2017 00:34:12 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.8.1 今の時代は大きく産んで大きく育てるほうが成長には有利 http://michaelkorsoutletonlinestore.com/%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e4%bb%8a%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%af%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e7%94%a3%e3%82%93%e3%81%a7%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%81%86%e3%81%8c%e6%88%90%e9%95%b7.html Fri, 18 Aug 2017 00:34:12 +0000 http://michaelkorsoutletonlinestore.com/?p=34 成長スピードが遠く、成長しやすい胎児。この時期から大きくしてあげよう

大きくて元気な赤ちゃんが一番

赤ちゃんを「小さく産んで、大きく育てる」という言葉があります。正しいことのように思えますが、やはり、大きく産んだほうが、その後の成長には有利です。

たとえば、予定日通りに生まれたのに低体重ということもあります。出産後に追いつくことが多いのですが、追いつかずに、低身長となってしまうこともあるのです。

またここ数年、生まれてくる赤ちゃんが小さくなっている傾向かあります。妊娠中の「低カロリー食」や、出産年齢の高齢化も考えられます。いずれにしても、日本人の平均身長はここ10年ほど伸び悩んでいて、低体重出産との関連
性も考えられているのです。

今、妊娠中の人はもちろん、これから赤ちゃんが欲しいと思っている人も、だれもが元気な赤ちゃんを望むもの。少しでも大きな赤ちゃんを産むために、できるだけのことはしてあげたいものですよね。

また、胎児は短期間で急成長します。それはこの時期、大きく成長させやすいということも意味しているのです。ではここで、赤ちゃんを大きく産むためのコツを紹介しましよう。

妊娠前の栄養状態も大切

妊娠中はもちろんですが、妊娠する前の母親の過去の栄養状態も、胎盤の機能や胎児の栄養状態に影響を与える可能性があります。たとえば、妊娠前に極端なダイエットをしていて栄養不良状態になっていると、胎児の発育に悪影響
を与える可能性もあるのです。妊娠前から、栄養のバランスには注意しておきましょう。

妊娠中の栄養摂取や飲酒、運動

妊娠中の栄養のとリ方は、とくに注意が必要です。食べ過ぎはよくありませんが、栄養不足も胎児の発育に悪影響がでます。妊娠中毒症などにも注意を払いながら、必要な栄養はきちんととるように心掛けることが大切です。

また、妊娠中の過度の飲酒は非常に危険です。アルコール中毒の妊婦の胎児は非常に小さく、ほかの障害がみられることもあるのです。

妊娠中は適度に動くことも必要です。しかし、過度の運動は胎児の発育を阻害する可能性があります。運動するときには、かかりつけの医師に相談しましよう。

母乳の質を下げないこと

おいしい牛乳は、よい飼料を食べ、のびのびと育った牛からとれます。同じことが、人間の母乳にもいえます。母親によって、母乳には大きな違いがあるのです。産後、体重を戻すために食べるべきものを食べない人がいます。それ
が、母乳の質を低下させ、赤ちゃんの発育に悪影響を与えることがあります。母乳を飲ませている間は、しっかりと栄養をとることが大切です。

ただ母乳で少し気になるのが、環境ホルモン。神経質になりすぎる必要はありませんが、「葉野菜はよく洗って食べる」「肉の脂身は避ける」「できるだけ産地のわかる食材を選ぶ」ことを心掛けるとよいでしょう。

]]>
ぶら下がり運動をしても身長は伸びません http://michaelkorsoutletonlinestore.com/%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e3%81%b6%e3%82%89%e4%b8%8b%e3%81%8c%e3%82%8a%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%af%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93.html Fri, 18 Aug 2017 00:28:05 +0000 http://michaelkorsoutletonlinestore.com/?p=30 軟骨を含んだ軟部組織が伸びただけ。ほんとうに身長が伸びたわけではない

背が伸びたように思えるわけは

ひとむかし前に、「ぶら下がり器具によって背が伸びる!?」と話題になったことがあります。今でも、この説を信じて実行している人もいるようです。また、背中や首を伸ばすヨガによって背が伸びる、と考えている人もいます。

結論をいえば、ぶら下がったり、ヨガをしても背は伸びません。

でも、実際に「ぶら下がったあとは、背が1~2㎝伸びた気がする」という人もいるでしょう。それは、背が伸びだのではなく、骨と骨の問にある「軟部組織」が膨張したために出た結果にすぎないのです。

背骨には、骨と骨の間に軟骨を含んだ軟部組織があります。この一つひとつは、伸びたり縮んだりしています。朝、昼、夜とぶら下かっていると、この部分の縮むひまがなくなり、背が高くなったように思えるのです。ほんとうの意味で、背が伸びたわけではありません。

また人の背は、朝は高く、夜は低くなる傾向かあり、1~2㎝ほど違います。これも軟部組織のしわさ。寝ている間に軟部組織が伸び、昼に動いていると軟部組織が縮むので、夜は朝よリも背が低く計測されるというわけです。

生活リズムを改善し成長を促すのは、適度な運動

背を伸ばすなら、「からだを思いっきリ動かす」ほうが、よっぽど有効です。

適度な運動は、子どもの身長の増加には欠かせない、大切なもの。運動自体が、成長ホルモンの分泌を促し、熟睡を誘い、睡眠中の成長ホルモン分泌をも促します。さらに、運動の適度な刺激が骨を強くし、食欲も促進します。

運動不足になると、食欲が出にくく、寝付きが悪くなることもあります。その結果、朝起きられず、朝食をとらなくなる。それがからだや頭の働きを鈍くし、また運動不足の一日をすごす、という悪循環におちいることもあります。

運動をすると、食欲が増し、熟睡できて、朝もスッキリと目覚める。朝食をしっかりと食べることができ、よい形で一日をスタートできます。運動ひとって、こんなにも日常生活に差が生じることもあるのです。

運動といっても、何も特別なスポーツをする必要はありません。「鬼ごっこ」や「キャッチボール」など、外でのびのびと、からだを動かす遊びで十分なのです。

平日はもちろん、休日など時間かおるときは、外で遊ぶ習慣をつけてみてはいかがでしょう。

]]>
「寝る子は育つ」は正しいことわざ。睡眠は、身長の伸びに影響します http://michaelkorsoutletonlinestore.com/%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e3%80%8c%e5%af%9d%e3%82%8b%e5%ad%90%e3%81%af%e8%82%b2%e3%81%a4%e3%80%8d%e3%81%af%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%8f%e3%81%96%e3%80%82%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%af%e3%80%81%e8%ba%ab.html Fri, 18 Aug 2017 00:18:15 +0000 http://michaelkorsoutletonlinestore.com/?p=27 睡眠は「成長ホルモン」の分泌を高め、骨を休める役割も果たす

寝ている間に背が伸びるとも いえるほど、睡眠は大切です

「寝る子は育つ」ということわざがあります。これは、科学的にも正しい事実です。

子どもの成長にとって、非常に大切な「成長ホルモン」は、昼間起きているときより、夜寝ているときのほうが多く分泌されます。睡眠初期の深い眠りの時期に分泌が多く、血液中の成長ホルモン濃度はピークに達します。

もし、途中で睡眠を妨げられたり、睡眠時間が短いと、成長ホルモンの分泌が悪くなり、背の伸びも悪くなる可能性があるのです。

さらに睡眠は、「骨休め」としても大切です。昼間は、上半身の体重がズツシリと下半身の骨にかかっています。横になって寝ることで、縦方向の重力から解放し、骨を休めることになるのです。成長ホルモンの分泌も、立っているとき
より横になっているときのほうが高くなります。

「背は、寝ている問に伸びる」といっても、言い過ぎではありません。

世界一睡眠不足な日本の子ども

では、日本の子どもたちは、どのくらい寝ているのでしようか。小学校高学年の睡眠時間の調査結果では、8時間未満が31%もいました。10時間以上寝ている子は、わずか4%です。これに対し、世界の子どもは9時間以上が半数を
超えています。とくにフランス、イギリスでは半数以上が、10時間以上寝ています。日本の子どもたちは、世界一睡眠不足なのです。

その原因として、日本は夜型の遊びが多いこともあげられます。TVやゲームをやめられず、勉強の時間も遅くなり、結果的に寝る時間が減ってしまっています。また、寝ることを軽視してしまうような日本の生活文化も、その背景に
はあるのかもしれません。

熟睡できる環境も大切

もうひとつ注意したいのは、寝る前の子どもへの接し方です。怒られて興奮したり、光の刺激などがあると、熟睡できないものです。寝るときは部屋を暗くして、ゆったりと寝られるように工夫することも大切です。また、寝付きが
悪い子や、睡眠が浅い子は、運動量を見直してみましょう。昼間の適度な運動は、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌量も増やしてくれます。

これを機に、ベッドや布団、パジャマに気配りする、生活リズムを見直すなど、少し「寝る環境」や[睡眠時間]について考えてみてはいかがでしょうか。子どもの成長を促すには、快適な睡眠が、もっとも大切なのですから。

]]>
いくら牛乳を飲んでもそれだけでは身長は伸びません http://michaelkorsoutletonlinestore.com/%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e3%81%84%e3%81%8f%e3%82%89%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a7%e3%81%af%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%81%af%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%81%be.html Fri, 18 Aug 2017 00:01:55 +0000 http://michaelkorsoutletonlinestore.com/?p=23 「身長を伸ばす=骨を伸ばす」のはタンパク質。カルシウムは骨を丈夫にするもの

飲み過ぎは伸び悩みの原因にも

子どものころに、牛乳をたくさん飲んだ経験はありませんか。今でも、一生懸命に子どもに牛乳を飲ませる親は、少なくないようです。

「牛乳さえ飲めば、背が伸びる」というのは、間違った思い込みです。もちろん、骨にとってカルシウムは大切な栄養素。牛乳は、もっとも優れたカルシウム源です。でも、1日に1£以上など過剰に牛乳を飲むと、満腹感で食欲がな
くなったり、肥満の原因になることも。その結果、背が伸び悩むことさえあります。

背を伸ばすのはタンパク質

背を伸ばすのに重要なのは、じつはタンパク質です。タンパク質は「骨や肉の材料」となります。骨をつくり、背を伸ばす役割を果たすのです。また、骨の成長に不可欠な「成長ホルモン」の分泌を促す作用もあります。

一方のカルシウムは、「骨を強くする」栄養素。つまり、骨をつくるタンパク質と、骨を丈夫にするカルシウムを十分にとリ入れてこそ、はじめて「健康的に背を伸ばす」ことになります。

骨をビルにたとえるなら、骨組みとなる鉄筋がタンパク質、それを補強するコンクリートがカルシウム。タンパク質をとらないと、背が伸びないことになってしまうのです。

楽しく食べることもポイント

もちろん、骨にとってカルシウムは軽視できません。発育期に強い骨をつくっておかないと、骨折しやすい、骨粗耘症になりやすいといった問題も起きやすくなります。でも牛乳だけに頼らず、さまざまな食品からとり入れたほうが、
他の栄養素も摂取できて成長にはよいのです。

そして、「何を食べるか」よりも「いかに楽しく食べるか」が、とても重要です。楽しんで食べたときと、ストレスを感じながら食べたときでは、吸収量に大きな差があります。とくにカルシウムやタンパク質は、リラックスして食べ
たほうが、効率よく吸収できます。

背を伸ばすには、「楽しく食べる」ことが大切なのです。

]]>